ほり眼科クリニック|宇都宮市 眼科|医療機器

ほり眼科クリニック
WEB受付
電話番号

栃木県宇都宮市岩曽町841


医療機器

医療機器

検査機器

細隙灯顕微鏡
細隙灯顕微鏡
診察のとき目を見せていただく顕微鏡です。診察の様子は、モニターでご覧いただけます。
屈折度・眼圧測定装置
屈折度・眼圧測定装置
遠視や近視、乱視の度数を自動的に測る器械です。また、目の表面に空気をあてて、眼圧を測ります。大きく目を開けることが検査のコツです。
角膜内皮顕微鏡
角膜内皮顕微鏡
白内障の手術やコンタクトレンズによって角膜の内側の細胞が傷ついていないか調べる器械です。検査時間が短く、まったく苦痛なく検査が可能です。
角膜形状測定装置
角膜形状測定装置
白内障手術やコンタクトレンズの処方のさいに黒目の表面にどのくらいのゆがみがあるか調べる器械です。
複視診断計
複視診断計
左右の目の動きにずれがあると、ものが2つに重なって見えることがあります。この器械で目の位置のズレを測定します。検査時間は5分から10分です。
視野計
視野計
緑内障や、脳の病気で視野がどの程度かけているのか調べる器械です。広い範囲を測定するゴールドマン視野検査と、見える明るさの限界を測定するハンフリー視野検査があり、病状によって、使い分けします。
前房蛋白測定装置
前房蛋白測定装置
ぶどう膜炎や、白内障手術により眼内にどの程度炎症が起きているかを客観的に測定する器械です。
無散瞳眼底カメラ
無散瞳眼底カメラ
瞳を大きく開く薬を使わなくても、眼底の写真が撮影できる器械です。
電子カルテにつながっており、結果を患者様やご家族にすぐご覧いただけ、病気の理解につながります。
光干渉断層計
光干渉断層計
網膜や視神経の微細な構造を、近赤外光を利用して、網膜に障害を全く与えること無く撮影できる器械です。技術の進歩により短時間で撮影できるようになりました。加齢黄斑変性や糖尿病黄斑浮腫などの評価に利用します。

手術・治療機器

手術顕微鏡
手術顕微鏡
白内障手術や硝子体手術を行うための顕微鏡です。術者がみているのと同じ映像を家族の方にご覧いただけますが、ご覧になりたくない場合は、モニタの電源を切っていただいて結構です。
白内障手術装置
白内障手術装置
院長が大学在籍中からずっと使い慣れている機種を採用しました。
硝子体手術装置
硝子体手術装置
院長が大学在籍中からずっと使い慣れている機種を採用しました。
レーザー手術装置
レーザー手術装置①
糖尿病網膜症や網膜裂孔の治療に使うアルゴンレーザーです。
レーザー手術装置
レーザー手術装置②
後発白内障や、レーザー虹彩切開術に使用する、YAGレーザーです。

クリニック概要

ほり眼科クリニック
所在地
〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町841
電話
最寄駅
宇都宮駅西口から関東バス 竹林・済生会・帝京大学行き
(バス番号60番)にて15分
豊郷地区市民センター入り口バス停下車徒歩5分(350m)
受付時間
日祝
8:45~11:45
13:30~17:45
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
ACCESSMAP



TOP
TOP